投稿・編集, 書き込みと編集

エディター

エディターはサイトやブログにコンテンツを追加する、すべてが始まる場所です。投稿とページの両方で同じエディターを使用します。WordPress.com では以下のエディターを使用できます。

WordPress エディター

ブロックエディターとも呼ばれる WordPress エディターは2018年にリリースされました。このエディターは強力で柔軟な WordPress の編集ツールで、世界中の何百万人ものサイト所有者が利用しています。

画像やテキスト、動画、ヘッダーなどの各サイト要素はブロックとして追加されます。ブロックは編集対象のコンテンツ領域を隔離するための、構成要素をわかりやすい構造にしたものです。

こちらから WordPress エディターの動作の詳細を確認できます。

WordPress エディターで HTML を編集する

WordPress エディターで HTML を編集するには2つのオプションがあります。

各ブロックのツールバーにある省略記号 (3つのドット) には「HTML として編集」オプションがあり、これを使って特定のブロックの HTML だけを編集することができます。

HTML として編集 - ブロック
ブロックの HTML を編集する

ページ全体または投稿の HTML を編集する場合は、「公開」ボタンの近くにある省略記号をクリックしてコードエディターに切り替えます。

コードエディター

HTML として編集する際は、動作しないソースコードがあります。ソースコードが整形式でエラーがない場合は、それが承認済みの HTML タグリストに含まれていること、また、JavaScript のような制限されたソースコードではないことを確認してください。

WordPress エディターに切り替える

WordPress が導入される前に旧エディターでページまたはポストを作成した場合、既存のコンテンツは旧エディターと同じ機能を多数保持する WordPress エディターのクラシックブロックに保存されます。

クラシックブロックの右上にある3つのドットを使用してコンテンツをブロックに変換できます。


旧エディター

旧エディターは WordPress エディターがリリースされるまでは WordPress.com サイトとブログのデフォルトのエディターでした。

WordPress エディターには、WordPress エディター内の旧エディターの機能を複製したクラシックブロックがあります。これは次のように表示されます。

クラシックブロックを使用して旧エディターと同じ編集機能を実現する

旧エディターは標準的な WordPress ダッシュボードである WP 管理画面でもご利用いただけます。WordPress のオンラインチュートリアルを見ると、このダッシュボードの画像がよく現れます。WordPress.com のメインダッシュボードでほとんどすべてのことができますが、WP 管理画面もお好みに合わせてお使いいただけます。

WP 管理画面のアクセス方法は2つあります。

WP 管理画面へのリンクの画像
  1. 「参加サイト」(左側に表示) にある設定リストの最後にある WP 管理画面へのリンクをクリックします。
  2. サイトアドレスの末尾に /wp-admin/ を追加することで WP 管理画面にアクセスできます。たとえば、「yourgroovydomain.com/wp-admin/」のようにします。

ページや投稿を旧エディターで編集するには、ページもしくは投稿のタイトルをクリックします

WP 管理画面のページ
WP 管理画面のページ

旧エディターにはビジュアルエディターHTML エディターの2つのエディターがあります。

ビジュアルエディター
旧エディターの WP 管理画面
旧エディター (ビジュアル) の WP 管理画面

TinyMCE と連携したビジュアルエディターはワープロとかなり似ています。ビジュアルエディターアイコンを使うと、テキストの書式設定、フォントの整列方法の変更、箇条書きや番号リストの挿入などができます。

この編集方法に戻りたいですか ? WordPress エディターのクラシックブロックにはビジュアルエディターと同じ機能が含まれています。

HTML エディター
旧エディター (HTML) の WP 管理画面

HTML エディターでは投稿を HTML で書いたり、投稿の HTML を編集したりすることができます。このエディターにアクセスするには「ビジュアル」タブの横にある「テキスト」タブをクリックしてください。

ショートコードの追加、一部のフォントスタイルの追加、外部ソースからのコードのペーストを行う場合は HTML エディターを使うことができます。

追加する HTML コードは整形式で書かれている必要があります。また許可されている HTML タグの一覧に含まれるコードを使用する必要があります。テキストエディターの上部にあるボタンを使用すると、最も一般的な HTML タグをすばやく簡単に挿入できます。WordPress.com にはいくつかのコード制限があり、セキュリティ上の理由により JavaScript、埋め込み、およびカスタムフォームは許可されていません。


サードパーティのエディター

ビジネスプランまたは eコマースプランにアップグレードしたサイトには、サードパーティのエディターなどのプラグインをインストールできます。サードパーティのテーマにはカスタマイズされたエディターが含まれている場合もあります。

サードパーティのエディターを使う際は、エディターを作成した開発者にツール関連の問い合わせをするのが最善の策です。WP 管理ダッシュボードのツール設定ページにはたいてい開発者に直接連絡できるリンクが含まれています。

まだ問題が解決していませんか ?

サポートに連絡してください。