Tags » Opinion

The Other "Generational Shift" Going In The Wrong Direction

So, ironically I read this article yesterday: As Much As I Love “My Trusty iPhone”, There IS A Time To Put It Down, I said “Ironically”, because I am allergic to seeing people with their heads down completely ignoring those who are with them. 849 more words

General

Episode 86 - A Utopian Dream That Will Never Happen (Op Ed)

http://recordings.talkshoe.com/TC-96069/TS-952417.mp3 Download (Right-click to save as)

Episode 86: A Utopian Dream That Will Never Happen (Op Ed)

This is something that I needed to get off of my chest. 67 more words

The Void Of Cacophony

Social media – the new frontier in workplace (1)

By Agency Report

Kristy Preece had just cleared the Ferry Boat Pub in Runcorn in Cheshire. The shift on May 24th, 2010, had been difficult – mainly because of two abusive customers called Brian and Sandra. 333 more words

Opinion

Keeping Records

By Kaine Agary

My late grandmother ran several businesses over her lifetime. She was trained as a nurse/midwife (her name is first in the register of the Nigerian Midwives Board, mind you), but in her days, a young woman’s training was not complete without the acquisition of housekeeping skills. 922 more words

Opinion

忙しい

「忙しいです」は日頃よく聞きます。それはどういうことか、そして私外国人から見た日本人の特長を少し触れてみたい。
「忙」という字は「心(りっしんべん)」+「亡くす」で出来ている。忙しいさで心を亡くしてしまう意味でしょうか。文明の利器の一つ:ディジタル時計はそ の傾向に拍車をかけてしまうに違いない。ラジオで「只今1時35分30秒を回りました」のようなアナウンスもよく聞くし、不動産の窓に:「駅まで徒歩7分 30秒」というような掲示も見掛けたりする。それはどうやって図るでしょうね。
故郷では(最近例のディジタル時計のせいで変わったかもしれません)時間を聞くと、15分単位で一時間を四等分に分ける:1:00 / 1:15 / 1:30 / 1:45。それだけでも人生の余裕が出るのような気がする。

常に何でも - 仕事から娯楽まで - 秒単位まで計らなければならないのは日本人の「悪い癖」だと思う。数年前に電車脱線事故の悲劇は90秒の遅れが原因の一つ だったそうだ。そんなに急いでいる必要性もないし、あれだけ忙しくすると、人生も回りも何も見えなくなるじゃないか。何もしないでただボートするだけで始 めて見えてくるもの決して少なくないと思う。

宣伝ではないが、ドイツ人作家エンデが日本に於いて「果てしない物語」で有名になったでしょうが、もう一つの作品:「モモ」は年中に「忙しい人」にお勧 めしたい本だ。「時は金なり」と言いながら灰色の人たち(時間泥棒)が庶民から時間を盗んで、余裕の変わりに「忙しさ」を与える。その救い主は人の話を ゆっくりと聞いてくれる少女だ。

その本を読んで、もう一度本当にそんなに忙しくなる必要あるかどうかを考える価値は十分ある ・・・

Opinion

触れ合い

「触れ合い」ってどう言う事か。少々通常の意味(人間関係)から外れた角度から考えたいです。現代社会に於いて外界から情報を得るのは90%あるいはそれ以上「視覚」による。よって晴眼者はこの世の支配者と勘違える人は決して希ではないでしょう。
本当にそうでしょうか。

視覚、聴覚、嗅覚は大体遠方から情報を得るためにある。その代わり触覚は短距離の情報収集に使われる。私の職業では「目で見て」分かるものとそうでないものある。人間は元気か病気かが姿や表情などを「見て」凡その検討が付くけれども、ツボなどのことは目で見て分かる物ではない。そこで「手で診る」=診察の出番だ。
目に頼り切った現代社会に於いて手の感覚どれだけ衰えている事か通常余り認識しない。盲人は指先で点字を読む事見ると、私は自分がどれかけ鈍感だと何時も痛感する。点字は読めないが、仕事上では何時も患者の体に書かれている「情報」を読もうとする。
手の感覚及び運動に使われる脳の「資源」は他の体の部分より遥かに多いので、現在この眠っている感覚を目覚めさせておきましょう。世の中のあらゆる物に手を翳したりして、直接触れたりしてみて下さい。その時「手が脳に何を報告」している事を素直に聞き入れてしまえば、驚くほど広い世界が開かれる。「これは木です」、「これは鉄です」のような先入観を捨てて、単に手の話に耳(脳)を傾くだけ。
赤ちゃんは最初手当たり次第何でも口に入れる。もう少し大きくなると、それこそ「この世は何で出来ている」かを探検するため、あらゆる物を「手にする」。手の働きは脳の発達に不可欠の要素だ。因みにドイツ語では「○○理解」する事は “be-greifen” と言う = 手に取る事。

Opinion

The Problem with Value Education in Schools

For the unacquainted, most of the so-called “elite schools” in Kolkata have a subject they fondly refer to as Moral Science. The ‘science’ of morals and values. 836 more words

The Pen & Ink