ブロック

ブロック »整形済みブロック

タイプ入力したとおりにテキストが表示される方法で投稿やページにテキストを追加するには、「整形済みブロック」が適しています。「ブロック挿入」アイコンをクリックすると、このブロックを作成できます。

整形済みブロックでは特定のスペースが挿入される固定幅フォントでテキストが表示されます。

空の段落ブロックで「/整形済み」と入力して Enter キーを押す方法でもすばやく作成できます。

ブロックを追加する手順の詳細についてはこちらを参照してください。

使用方法

整形済みブロックには段落ブロックソースコードブロックと似ている点がたくさんあります。整形ブロックはこの2つを統合したものと考えてください。

段落ブロックと同じように、整形済みブロックはテキスト表示を主眼としています。段落ブロックと異なる点を挙げると、整形済みブロックは入力したとおりにスペースや改行が表示されます。

ソースコードブロックとの類似点を挙げると、整形済みブロックは固定幅フォントで表示されるため、テキストを非常に細やかに調整できます。一方、整形済みブロックには、スタイル設定やハイパーリンク追加機能 (以下の説明を参照) も含まれていますが、ソースコードブロックにこれらの機能はありません。

↑ 目次 ↑

ブロックツールバー

ブロックツールバーを表示するには、ブロックをクリックします。各ブロックに独自のツールバーアイコンとユーザーコントロールが備わっており、エディターで直接ブロックを編集できます。

整形済みブロックのツールバーには、ベーシックな書式設定オプションがそろっています。

このツールバーにはスタイル設定オプションとして太字斜体取り消し線の3つがあり、加えてハイパーリンクボタンがあります。この点は通常の段落ブロックと共通です。

↑ 目次 ↑

ブロック設定

すべてのブロックでは、ブロックツールバーのオプションに加えて、エディターのサイドバーに独自のオプションが表示されます。サイドバーが表示されない場合は、「公開」ボタンの隣にある歯車アイコンをクリックしてください。

ブロック設定はサイドバーに表示されます。

整形済みブロックでサイドバー設定に用意されているオプションは、高度な設定のタブのみです。 

高度な設定

高度な設定のタブでブロックに CSS クラスを追加することで、カスタム CSS を記述してブロックを好きなようにスタイリングできます。

高度な設定のセクションでブロックに CSS クラスを追加できます。
高度な設定のセクションでブロックに CSS クラスを追加できます。