ブロック

ブロック »ソースコードブロック

投稿ソースコード機能を旧エディターで使用するのと同じように、コードブロックを使用して、他のユーザーに表示するフォーマット済みコードを追加できます。

ブロック挿入アイコンまたはスラッシュコマンド「/code」からコードブロックを追加します。
ブロック挿入アイコンまたはスラッシュコマンド「/ソースコード」からコードブロックを追加します。
コードブロックにコンテンツを追加すると、コンテンツはタグで囲まれます。
コードブロックにコンテンツを追加すると、コンテンツはタグで囲まれます。

コードブロックを追加するには、ブロック 挿入アイコンをクリックします。

新しい段落ブロックで「/ソースコード」と入力し、Enter を押す方法でもすばやく追加できます。

スラッシュコマンド「/code」を使用してコードブロックを挿入します。
スラッシュコマンド「/ソースコード」を使用してコードブロックを挿入します。

ブロックを追加する手順についてはこちらを参照してください。

ブロックインターフェース

各ブロックの設定は個別なため、エディターから各ブロックを直接編集できます。 コードブロックでは、ブロックツールバーにブロック設定アイコンのみ表示されます。必要に応じて、コードブロックを フォーマット済みブロック
に変換できます。

コードブロックでは、ブロックツールバーにブロック設定アイコンのみ表示されます。
コードブロックでは、ブロックツールバーにブロック設定アイコンのみ表示されます。

↑ 目次 ↑

サイドバー設定

多くのブロックでは、ブロックツールバーのオプションのほかに、エディターのサイドバーに独自のオプションが表示されます。 サイドバーが表示されない場合は、「公開」ボタンの隣にある歯車アイコンをクリックしてください。

コードブロックでは、サイドバーに「追加 CSS クラス」のみ表示されます。
コードブロックでは、サイドバーに「追加 CSS クラス」のみ表示されます。

高度な設定

高度な設定のタブでブロックに CSS クラスを追加することで、カスタム CSS を記述してブロックを好きなようにスタイリングできます。

高度な設定のセクションでブロックに CSS クラスを追加できます。
高度な設定のセクションでブロックに CSS クラスを追加できます。