ユーザー

サイトにユーザーを招待する

このガイドでは、WordPress.com ダッシュボードの「ユーザー」エリアを使用して、一緒にサイトで作業する他の寄稿者を招待する方法を説明します。

自分のユーザー名とパスワードを教える代わりに (セキュリティ上のリスクになるため)、ユーザーアカウントをサイトで作成するように招待して、そのユーザーに必要な作業に応じてさまざまなレベルの権限を付与するようにします。

WordPress.com Pro プラン (または従来のプラン: パーソナル、プレミアム、ビジネス、eコマース) では、サイトにユーザーを無制限に招待できます。無料サイトでは、フォロワー、購読者、読者のみをサイトに招待できます。

サイトへのユーザーの追加

サイトに寄稿するユーザーを新たに追加するには次の手順を実行します。

  1. ダッシュボードで 「ユーザー」をクリックします。
  2. 「+ 招待」ボタンをクリックします。
  3. 招待する相手のメールアドレスまたは WordPress.com ユーザー名を入力します。
  4. このユーザーの権限グループを選択します (各権限グループについては、次のセクションを参照してください)。
  5. オプション: 相手が招待状で受け取るカスタムメッセージを入力します。
  6. 「招待状を送信」ボタンをクリックします。招待した相手に程なく招待メールが届きます。
ユーザーの招待の様子を示す画面。

「招待」タブでは、保留中の招待のリストを確認できます。保留中の招待とは、招待を送ったが、まだ承認されていない招待のことです。相手がメールを見落としていると考えられる場合は、こちらから招待を再送信できます。

間違えて送信した招待を取り消す場合は、「招待」タブに移動し、最近招待したユーザーを選択して、「招待を取り消す」をクリックします。

相手がメールの「招待を承認する」ボタンをクリックすると、WordPress.com アカウントにログインした場合にサイトにアクセスできるようになります。たとえば、チームメンバーになるように招待した場合、相手が招待を承認すれば、チームに表示されるようになります。

⚠️

サイトでユーザーに付与する権限グループに注意してください。管理者や編集者などの権限グループは、サイトの投稿やページを削除できます。信頼できる人のみをサイトに追加するようにしてください。

ユーザー権限グループのリスト

こちらは各権限グループの簡単な説明で、より詳細な説明はこのページの下の方にあります。

  • 管理者: 最上位の権限です。管理者はほぼすべてにアクセスできます。
  • 編集者: すべての投稿、ページ、コメント、カテゴリー、タグ、リンクにアクセスでき、「メディア」にアップロードできます。
  • 投稿者: 投稿の執筆、メディアのアップロード、自分自身の投稿の編集と公開ができます。
  • 寄稿者: 公開権限とアップロード権限はありませんが、投稿が公開される前に、投稿を執筆および編集できます。
  • フォロワー (公開サイト) / 読者 (非公開サイトのみ): 投稿とページを読み、コメントできます。
  • 購読者 (プラグイン対応サイト): フォロワー / 読者の権限グループに似ています。投稿やページを読んでコメントできます。

各ユーザー権限グループは、それよりも下位の権限グループが実行できる操作をすべて実行できます。つまり、編集者は投稿者ができるすべての操作を実行でき、投稿者は寄稿者ができるすべての操作を実行できます。

管理者、編集者、投稿者、寄稿者のユーザー権限グループで統計情報を見ることができます。

注意: 統計情報を表示するには、まず管理者以外の権限グループの権限を有効にする必要があります。この操作は、「Jetpack」→「設定」→「トラフィック」→「サイト統計情報」から実行できます。

WooCommerce をインストールする場合は、2つの追加ユーザー権限グループ (Customer および Shop Manager) が作成されます。これらの権限グループについては、WooCommerce のドキュメントを参照してください。

他のプラグインでも追加のユーザー権限グループを作成できます。詳しくは、プラグインのドキュメントをご覧ください。

管理者

管理者はサイトを完全にコントロールでき、「サイト管理」に関連するあらゆる操作を実行できます *。 また、 WordAds の収益を確認し、広告設定を管理できる唯一の権限グループでもあります。

管理者は別の管理者の作成、新規ユーザーの招待ユーザーの削除ユーザー権限グループの変更を行うことができます。投稿、ページ、アップロードされたファイル、コメント、設定、テーマ、プラグイン、インポート、エクスポートを完全に制御できます。

サイト管理に関連する操作は、管理者に対して、サイト全体の削除も含め制限されていません *。

* 管理者の制限事項

  • サイトの所有権を別の管理者に譲渡できるのは、サイトの所有者 (サイトを作成したユーザー) のみです。
  • 管理者は WordPress.com プランを購入してドメイン名を登録できますが、サイトの所有者または他の管理者が追加した「購入」と「保存済みの支払い方法」に関する詳細情報にはアクセスできません。
  • WordPress.com プランがアクティブになっているサイトは、プランを最初にキャンセルしない限り削除できません。したがって、管理者がサイトのプランを所有していない場合、サイトを削除できません。
編集者

編集者はすべての投稿またはページ (その編集者以外の投稿とページも含む) の作成、編集、公開、削除、およびコメントの承認、メディアライブラリへのアップロード、カテゴリー、タグ、リンクの管理を実行できます。

投稿者

投稿者は自分自身の投稿に限って作成、編集、公開、削除、およびファイルと画像のアップロードを実行できます。投稿者には、ページの作成、変更、削除、および他のユーザーによる投稿の変更の権限はありません。投稿者は各自の投稿についたコメントを編集できます。

寄稿者

寄稿者は自分自身の投稿に限って作成および編集できますが、投稿を公開することはできません。特定の投稿を公開できる状態になった場合、または投稿を変更した場合は、サイトの所有者または別の管理者がその投稿をレビューできます。寄稿者はファイルや画像をアップロードできません。

寄稿者の投稿が管理者により承認および公開された後では、寄稿者はその投稿を編集できなくなります。ただし、投稿の作成者は、投稿を公開する管理者ではなく寄稿者のままになります。

受託業者、フリーランサー、コンサルタント、または代理店

上述のユーザー権限グループのいずれかを追加する場合、組織に所属しないユーザーにフラグをつけることができます。そのユーザーは、受託業者、フリーランサー、コンサルタント、または代理店のいずれかになります。

チェックボックスでは、ユーザーの権限は変更されません。組織に属さないユーザーを追跡する手段になります。

「受託業者」チェックボックスがオンになっているユーザー権限グループ
フォロワー

フォロワーには、サイトの編集権限はありません。フォロワーとは、新しい投稿が公開されるたびに更新を受け取るために登録したユーザーです。サイトで実行できる唯一の操作は、コメントを投稿することです (フォロワーに対しコメントを有効にしている場合)。ただし、コメントを残すにはフォロワーである必要はありません。

公開されているサイトは誰でもフォローできますが、サイトを共有する特定のユーザーに招待状を送信することもできます。

サイトが非公開の場合、招待したユーザー以外はブログをフォローできません。招待したユーザーは読者になります。

読者

読者は非公開に設定されているサイトのみに適用されます。読者とは、非公開サイトの表示だけが可能なユーザーです。フォロワーと同様に、読者には編集権限はありません。招待された非公開サイトを読んでコメントを残すことだけが可能です (コメントが有効になっている場合)。

フォロワーがいる公開サイトを非公開に設定しても、フォロワーが自動的に読者になるわけではありません。

読者は常に招待される必要があります。また、新しい投稿が公開されるたびに更新を受け取るには、読者は非公開サイトをフォローするために WordPress.com アカウントに登録する必要があります。

読者は、プラグイン対応サイトは表示できません。プラグイン対応サイトを非公開にしたまま誰かに見てもらいたい場合は、購読者として招待します (次のセクションを参照)。

購読者

購読者はフォロワーと同じですが、このオプションは、プラグインが有効になっているサイトの場合にのみ表示されます。

購読者には、サイトの編集権限はありません。フォロワーとは、新しい投稿が公開されるたびに更新を受け取るために登録したユーザーです。サイトで実行できる唯一の操作は、コメントをシェアすることです (コメントが有効になっている場合)。ただし、コメントを残すには購読者である必要はありません。

公開されているサイトは誰でもフォローできますが、サイトを共有する特定のユーザーに招待状を送信することもできます。

非公開サイトの読者の追加と削除

サイトを非公開に設定すると、自分と承認したユーザーしか閲覧できないようになります。他のユーザーが非公開サイトを表示する (およびコメントを有効にしてある場合にコメントを残す) ことができるようにするには、ユーザーを読者 (プラグイン非対応サイト) または購読者 (プラグイン対応サイト) として招待する必要があります。

「ユーザー」に移動し、上部の「読者」タブを選択すると、非公開サイトの閲覧招待を承認したユーザーを確認したり、読者を削除したりできます。

「読者」タブの画像

(プラグイン対応サイトに追加された購読者は、「チーム」タブに表示されます)

読者を削除するには、「ユーザーを削除」ボタンをクリックします。このユーザーはあなたの非公開サイトを見ることができなくなります。

ユーザー権限グループの変更

サイトの所有者または他の管理者は、次の手順に従って他のユーザーの権限グループを変更できます。

  1. ダッシュボードで「ユーザー」をクリックします。
  2. 権限グループを変更または削除するユーザーをクリックします。
  3. ユーザーに付与する新しい権限グループを選択します。
  4. 「変更を保存」をクリックします。
サイトの3人の管理者のリスト。
ユーザー権限グループを変更する

サイト所有者には、管理者以外の権限グループを設定できません。サイト所有者を別の権限グループに設定するには、最初に別のユーザーにサイトの所有権を移管する必要があります。また、ユーザー権限グループを読者やフォロワーに変更することはできません。これらのユーザーは明示的に招待する必要があります。

ユーザーの削除

サイトの管理者は、次の手順に従ってサイトのチームから他のユーザーを削除できます。

  1. ダッシュボードで 「ユーザー」をクリックします。
  2. 削除するユーザーをクリックします。
  3. 削除するユーザーのすべてのコンテンツをサイトの別のユーザーのものにするか、またはすべてのコンテンツを完全に削除するかを選択します。コンテンツを別のユーザーのものにする場合は、次の2つの追加手順を実行します。
    • 「すべてのコンテンツを別のユーザーに帰属」オプションを選択します。
    • 選択可能なすべてのユーザーが表示される「ユーザーを選択」ドロップダウンから、別のユーザーを選択します。
  4. 「ユーザーを削除」ボタンをクリックします。
ユーザーを削除

開発者と連携する

自分の代わりにサイトの作成や更新を行ってくれる、WordPress エキスパートを雇うこともできます。その際の注意点をいくつかご紹介します。

その他の役に立つヒントについては、下のボタンをクリックしてください。

まだ問題が解決していませんか ?

サポートに連絡してください。