アップグレード, ドメイン

ドメイン » 新しいドメインを登録

すべてのサイトには、URL に .wordpress.com を含む無料のアドレスが付属しています。カスタムドメイン名を追加できますが、メインのサイトアドレスとして設定できるのは、WordPress.com プランを購入した場合のみです。

目次

はじめに
カスタムドメインの登録前
新しいドメインの登録手順
主要ドメインの設定
ドメインの変更待ち
メールアドレスの妥当性チェックと認証
パブリック登録とプライベート登録の違いと GDPR
国際化ドメイン名 (IDN)
データの扱い、プライバシー、および同意

はじめに

WordPress.com では、カスタムドメイン (例: yourgroovydomain.com) を登録して、サイトの現在のアドレス (例: yourgroovysite.wordpress.com) の代わりにそのカスタムドメインを使用できます。古いアドレスも引き続き機能しますが、古いアドレスから新しいアドレスへトラフィックが自動的に転送されます。

  • 1年間および2年間の WordPress.com プランには、1年間の登録に使用できる無料のドメイン名クレジットが付属しています。プランとドメインは、更新時期にそれぞれ別々に更新されます。更新日と料金については、ご利用アカウントの「購入を管理」セクションをご確認ください。
  • カスタムドメインをサイトに登録できますが、メインのサイトアドレスとして設定できるのは、WordPress.com プランを購入した場合のみです。
  • 単一サイトでの使用に登録できる追加ドメインの数に制限はありませんが、追加登録ごとに料金が発生します。
  • サポートされているすべてのドメインのリストはこちらで確認できます。
  • ドメインの登録後、96時間以内は返金が可能です。
  • ドメインについて詳しくは、こちらのドメインの詳細を参照してください。

他の登録業者でドメインを登録している場合は、既存のドメインをサイトにマッピングするか、WordPress.com に移管できます。また、サイトをすでに立ち上げており、そのサイトのサブドメインとしてブログを運営する場合は、サブドメインをサイトにマッピングすることもできます。

↑ 目次 ↑

カスタムドメインの登録前

  • WordPress.com は、こちらにリストされている拡張子 (TLD) を持つドメイン登録をサポートしています。 
  • 他の拡張子を持つドメインも使用できますが、他の登録業者でドメインを登録してからサイトにマッピングする必要があります
  • WordPress.com では、すべての URL から “www” を自動的に削除します。

WordPress.com がドメイン名から “www” バージョンを削除する理由

“www” があってもサイトアドレスに到達できますが、常に “www” がないバージョンにリダイレクトされます。これは SEO 対策によるものです。サイトアドレスの1つのバージョンがカノニカル URL に指定されている方が検索エンジンの評価が高くなります。複数のバージョンがあると重複するコンテンツがあるとみなされます。WordPress.com では サイトの “www” がないバージョンをカノニカル URL にしています。

↑ 目次 ↑

新しいドメインの登録手順

複数のサイトをお持ちの場合は、ここに記載されているステップを実行する前に、「参加サイト」 「サイトを切り替える」の順に移動してドメインを追加するサイトを選択してください。

1. 「参加サイト」→「アップグレード」→「ドメイン」の順に選択して「ドメイン」ページに移動します。

2. 右の「ドメインを追加」ボタンをクリックします。

3. 検索ボックスに、登録するドメインを入力します。

具体的なドメインを決めていない場合は、キーワードで検索できます。キーワードと一致するさまざまなオプションが提案されます。用意されている特定の拡張子を使用してキーワードに一致するドメインを検索する場合は、「他のドメイン拡張子」フィルターをクリックします。

4. ドメインが利用可能な場合は、検索ボックスの下にそのドメインが表示されます。「選択」をクリックして利用可能なドメインを選択します。

ドメインの登録 - オプションの選択

5. 「メールを追加」または「スキップ」をクリックして、メールをドメインに追加するかどうかを選択します。後でドメインにメールを追加することもできます。新しいドメインにメールを設定する方法の詳細については、「メールを追加」ページを参照してください。

ドメインの登録 - メールを追加

6. 自分の連絡先情報をパブリック (公開として登録) にするか、プライベート (プライバシー保護付きで非公開として登録) にするか選択します。詳細については、こちらから「ドメイン登録とプライバシー」ページを参照してください。

7. ドメインのドメイン登録情報を入力します。正確な情報を入力する必要があります。また、メールアドレスが自分のものであることを確認する必要があります。

8. 登録完了のための支払い手続きを行い、WordPress.com プランをまだ購入していない場合は購入します。アカウントにクレジットが登録されている場合、クレジットによるドメイン購入に関するメッセージが表示されます。

9. オプション: ドメインを主要ドメインとして設定すると、サイトに紐付けられている他のドメインは新しく登録したドメインを指すようになります。カスタムドメインを主要ドメインとして設定する場合は、サイトに有料プランが必要です。詳しくは、下記の手順を参照してください。

↑ 目次 ↑

自分の主要ドメインを設定

同じサイトを指す複数のカスタムドメインを持つことができます。カスタムドメインを主要ドメインとして設定する場合は、サイトに有料プランが必要です。

たとえば、主要ドメインに似た間違いやすいスペルのドメインを複数追加すると、訪問者は入力ミスをしても正しい場所を訪れることができます。

それらのドメインのいずれかが主要ドメインになり、それ以外のドメインはすべてその主要ドメインにリダイレクトされます。

訪問者は追加したドメインのうちどれを使っても自分のサイトやブログにアクセスできますが、ブラウザーのアドレスバーには常に主要ドメインが表示されます。

主要ドメインを変更するには :

1. 「参加サイト」「アップグレード」「ドメイン」の順に移動します。

2. 右上の「主要ドメインの変更」を選択します。

3. 主要ドメインに変更するドメインを選択します。

4. 変更はすぐに適用されます。新しいドメインを追加するときには、変更が適用されるまでに若干の遅延が発生する場合があります。

↑ 目次 ↑

ドメインの変更待ち

新しいドメインの登録、ネームサーバーの変更、その他の DNS に関する変更など、一部のドメイン変更には完了まで24~72時間ほどかかります。

  • これはよく「伝搬時間」と呼ばれます。
  • この間、ドメインがまったく読み込まれなかったり、特定の場合や場所のみが読み込まれたりする場合があります。
  • これは、世界中のサーバーが情報を更新しているために起こります。ICANN サーバー (ドメイン登録を規制している運営組織) から各インターネットサービスプロバイダーのサーバーまで、すべてで情報を更新する必要があります。
  • 1日に1~2回のみの更新が行われるサーバーも存在します。
  • ドメインの伝搬時間は当社が統制できるものではないため、手続きを早めることはできかねます。
  • ドメインの伝搬状況に関しては、whatsmydns.net などのサービスを利用して確認できます。

↑ 目次 ↑

メールアドレスの妥当性チェックと認証

ドメイン名を登録するときには、ドメイン登録情報で有効なメールアドレスを使用していることを確認してください。Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN) は、連絡先情報が有効であることを求めています。

ドメインの登録に使用したメールアドレスが、WordPress.com アカウントに関連付けられているメールアドレスと同じであれば、ドメインは自動的に認証されます。

別のメールアドレスを使用している場合は、ドメイン名登録後にメールを継続的に確認するようにしてください。パブリック登録とプライベート登録のどちらでも、ドメインを購入する際には常にこのメールが送信されます。このメールは、domains-help@wordpress.com というアドレスから送信されます。

メール通知の例を次に示します。

WordPress の確認メール

注意: 「今すぐ認証」ボタンが選択されてから、ドメインが検証済みとして表示されるまでに、最大15分かかることがあります。

このメール通知が届かない場合は、ご遠慮なくサポートまでご連絡ください

メールを認証しないと、ICANN がドメイン名を保留にするため、メールアドレスを認証するまでお客様のサイトはオフラインになります。

↑ 目次 ↑

パブリック登録とプライベート登録の違いと GDPR

  • ドメイン名を登録するときに、パブリック登録とプライベート登録の2つのオプションのどちらかを選択できます。
  • 以前は、プライベート登録を使用しないと、ドメインの登録業者連絡先情報が WHOIS で公開されていました。 
  • プライバシー保護は無料のオプションであり、WordPress.com で登録したすべてのドメインに追加できます。
  • GDPR により WHOIS が変更され、多くの場合、ドメインをプライベート登録したかどうかにかかわらず、連絡先情報が公開されないようになりました。
  • GDPR 保護の下でもプライベート登録を追加すると、いくつかの恩恵が受けられます。詳細については、「ドメイン登録とプライバシー」ページをご覧ください。

↑ 目次 ↑

国際化ドメイン名 (IDN)

ä、û、ע、ж、字、मा など、言語固有の文字が含まれているドメイン名が国際化ドメイン名 (IDN) です。ドメインの登録、移管、 IDN (国際化ドメイン名) のマッピングは、現在 WordPress.com ではサポートされていません。

↑ 目次 ↑

データの扱い、プライバシー、および同意

ICANN からは、WordPress.com を介して登録されたドメインごとに有効な連絡先情報を収集するように要求されています。一般に、ドメイン登録サービスに関する契約のためにこのデータが必要となります。オプションのデータ要素に関する同意が必要な場合に、登録者の連絡先メールアドレスにメールを送信します。この場合、ドメインを登録するためにオプションデータの共有に同意する必要はありません。ドメイン登録とプライバシー、および同意の管理の詳細については、こちらを参照してください。

まだ問題が解決していませんか ?

サポートに連絡してください。